Oktaで自動ユーザープロビジョニングを設定するにはどうすればいいですか?

この機能を使用できるのは誰ですか?

エンタープライズ プラン で利用できます。

ウェブアプリのオーナーと管理者にアクセスできます。

Automated User Provisioningは、Fax.Plusでシングルサインオン(SSO)を有効にする際の新機能です。 以前にユーザープロビジョニングを手動で管理していた場合。 ユーザーをシームレスに同期させ、外部ユーザーディレクトリで行われた変更をFaxに簡単に反映できるようになりました。 LUSコーポレート口座だ

Oktaで自動ユーザープロビジョニングを設定するには、以下の手順に従ってください。

  1. If needed, learn how to setup SSO on your account via Okta here.
  2. Fax.Plusアカウントにログインし、ダッシュボードのProfileセクションに移動します。
  3. Find the tab for Security in your Admin profile, and look for the box for Company-Wide Settings. シングルサインオン(SSO)の右側にあるアクティベートをクリックします。
  4. ユーザープロビジョニングを開始するには、[Single Sign-On (SSO)] 設定パネルの 2 番目のステップに進み、SCIM トークンの値をコピーします。 後でOktaアプリケーションを設定するときにそれが必要になります。 Click on Done.
  5. Okta ダッシュボードで、 アプリケーションのタブを見つけて、Fax.Plus を選択します。
  6. Click on the tab for Provisioning, and click on Integration in Settings.
  7. [ Enable API integration ]チェックボックスを選択し、FaxからコピーされたSCIMトークンを貼り付けてAPIトークンフィールドを完了します。 ステップ5のLUSパネル このを貼り付けるときは、スペースやその他の文字を追加しないでください。
  8. Click on Save.
  9. Find the section for To App, and make sure the following features are active:
    • ユーザーを作成
    • ユーザー属性を更新
    • ユーザー
  10. Fax.Plus にユーザーを割り当てます。 For additional information on assigning applications to additional users, refer to the Okta guide here.
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事

もっと見る